1万円から5万円で買えるコンパクトなパソコン6機種と周辺機器をまとめてみた

エクセルで時間を損しない仕事術

データ管理で困らないEXCEL術

誰も教えてくれないWORD技

情報技術ライダーのワード・エクセル研修



安いパソコン無い?今時の小学生はパソコンを使って調べるような宿題が出るんだよ。
身内からのそんな質問から、できるだけ安い価格(税込5万以下)で買えるコンパクトなパソコンをまとめてみました。(ここで紹介しているパソコンはすべてOfficeがありません。)

仕事でバリバリ使うようなものではなく、設置場所に困らない小さくて安いものになります。
年賀状作成や写真整理にも不向きです。たぶんネット専用+ちょっとOffice使うくらいなら困らない程度のスペックになります。(僕自身は、ASUS VivoTab Note8にBluetoothキーボードを接続して使っていますので、大体の動作については把握しています。)

●このエントリの内容

  1. ラップトップ(ノート型)
  2. ミニデスクトップ型
  3. キーボード型/スティック型
  4. 周辺機器
  5. Officeを買うなら

ラップトップ(ノート型)

ノート型のタイプを3機種ピックアップしてみました。

1、Asus TransBook T100HA-WHITE (10.1型)

タブレット型で付属のモバイルキーボードをつけると、ノートパソコンのように使えるタイプです。実はこのタイプのWindows RT機を持っていました。10.1インチだと少し小さいですかね・・・。

ASUS ノートブック TransBook T100HA ( WIN10 Home 64Bit / インテル Atom x5-Z8500 / 10.1インチワイド / 2G / 64G / メタルグレー ) T100HA-GRAY

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Atom x5-Z8500
メモリ:2G
ストレージ:64GB(eMMC)

2、Asus EeeBook X205TA(11.6型ワイドTFT)

廉価版のモバイルノートパソコンですね。バッテリーも12時間くらい持つようなので、場所を移動して使う時にも便利そうです。
ただ、ストレージが32GBしかないのが難点で、データ類は付属しているMicroSDメモリーカード (32GB)に保存した方が良さそうです。(ストレージの容量が小さいので写真などの保管用には使えないですね。)

ASUS ノートパソコン EeeBook X205TA-WHITE10 Windows10/11.6インチワイド/ホワイト

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Atom x5-Z8500
メモリ:2G
ストレージ:32GB(eMMC)

3、Lenovo G50 80E301KSJP(15.6型)

これ普通のノートパソコンです。やっぱり年賀状や写真の管理にも使いたいという場合は、こちらになるでしょうか。(Officeは入っていません)

ストレージはハードディスクなので大容量な反面、SSDより読み書きが遅くなります。Officeなどを使う分には全く支障ありませんが、動画や画像編集などを頻繁に行うのであれば、メインメモリの増設をした方が良いでしょう。

Lenovo ノートパソコン G50 80E301KSJP / Windows 10 Home 64bit / 15.6インチ / AMD E1-6010

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Atom x5-Z8500
メモリ:4G(最大16G)
ストレージ:500GB(HDD)

Lenovoのパソコンは、初期値ではF1~F12キーが使えません。(カタカナに変換する時にFnキーを押しながらF7を押さないといけない。)
設定変更にはBIOSの変更(ちょい面倒)が必要なので、安いですがあまりオススメはできません。

ミニデスクトップ型

設置スペースに困らない小さいデスクトップ型になります。パッとみつかったのは1機種のみでした。(まだありそうですが)

4、ASUS デスクトップ VivoMini UN42-M115Z

ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスは付属しているようなので、モニターさえあれば大丈夫です。液晶テレビでもHDMIに接続すれば使えます。メモリ増設ができるので、外付けのストレージを用意すれば、ある程度の事はできそうですね。

ASUS デスクトップ VivoMini UN42 ( WIN10 64Bit / インテル Celeron-2957U / 2G / 32GB / ミッドナイトブルー ) UN42-M115Z

OS:W indows 10 Home 64bit
CPU:インテル Celeron-2957U
メモリ:2G(最大:16G)
ストレージ:32GB(SSD)

上位モデルのASUS デスクトップ VivoMini UN62 ( WIN10 64Bit / インテル Corei7-4600U / 4G / 128GB / ミッドナイトブルー ) UN62V-M028Zにすると急に金額があがりますね。

UN42-M115Zの増設メモリ(4GB)はこちら

キーボード型/スティック型

最近出てきた、スティック型とキーボード型のPCをそれぞれ1機種ずつピックアップしてみました。スティック型は他にも色々あります。(性能に大差はありません。)

5、テックウインド 省スペースPC キーボードPC ブラック WP004-BK

本体のキーボードとテレビや液晶モニタをHDMIで接続すればパソコンとして使えるタイプです。キーボードは既にある(小さいながらタッチパッドもある)ので、周辺機器の準備も必要なく初期設定も楽そうですね。

モニタとの距離をおきたいのであれば、長いHDMIケーブルが必要になります。

テックウインド 省スペースPC キーボードPC ブラック WP004-BK

OS:Windows 10 Home 32bit
CPU:インテル Atom プロセッサー Z3735F
メモリ:2GB
ストレージ:32GB (eMMC)

6、マウスコンピュータ スティックPC MS-NH1-W10

スティック型の本体を、テレビや液晶モニタのHDMIに挿せばパソコンとして使えるタイプです。ただマウスやキーボードは自分で準備する必要があります。
自分で試した訳ではありませんが、レビューをみる限り初期設定時にはUSBマウスかキーボードがあった方が良さそうですね。

スティックPCは安いですが自分でマウスやキーボードなどの周辺機器を準備し設定しないと使えません。

マウスコンピューター スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GBeMMC

OS:Windows 10 home 32ビット
メモリ:2GB
ストレージ:32GB(eMMC)

冷却ファンがついたモデルもあります!

マウスコンピューター スティックPC MS-CH01F Windows10/2GB/32GBeMMC

周辺機器

キーボードPCはとりあえずキーボードPC本体とモニターがあれば動きますが、スティックPCは自分で周辺機器を用意する必要があります。(デスクトップ型はマウスとキーボードは付属しているので不要です。)

USBキーボード(タッチパッド/トラックボール付き)

スティック型のパソコンを使うなら、タッチパッド付きのキーボードが楽かも知れません。USB接続なら特になにも設定せずに使えるので楽ですが、価格は少々高めです。
ワイヤレスタイプが多く、USB(有線)で接続するタイプは機種が少なめですね。

サンワサプライ トラックボール付キーボード SKB-TR02BK

サンワサプライ タッチパッド付キーボード SKB-TP01SVN

ペリックス PERIBOARD-315U US タッチパッド搭載バックライトキーボード – 有線USBキーボード – ブルーバックライト – サイズ370x137x26mm – 業務用として最適 – 英語配列キーボード【正規保証品】

このキーボードは英字配列なので注意してください!

bluetoothマウス

マイクロソフト社のbluetoothマウスです。持ち運ぶ際に便利なタイプです。

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Arc Touch Mouse ブラック RVF-00057

マイクロソフト社のbluetoothマウスです。安価なタイプです。

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth マウス L2 Sculpt Touch Mouse for Business Bluetooth Storm Gray 6QL-00007

bluetoothキーボード

安価なbluetoothキーボードです。

iBUFFALO Bluetooth 3.0対応 コンパクトキーボード ブラック 【PlayStation4,PS4 動作確認済】 BSKBB22BK

モバイルタイプのキーボードです。結構シャレオツです。これは持っています。ゴム蓋がiPadなどのタブレットのスタンドにもなります。(その分重いです。)
カタカナ変換する時に、Fnキーを押しながらF7を押す必要があるので、長文を書くような場合にはちょっと不便です。

マイクロソフト ワイヤレス Bluetooth キーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022

タッチパッド付きのBluetoothキーボードです。スティックPCにあると便利だと思います。Bluetooth機器のペアリング設定に抵抗が無いならオススメです。(このタイプは沢山あります)

マイクロソフト ワイヤレス キーボード All-in-One Media Keyboard N9Z-00023

HDMIケーブル

キーボードPCで、モニターとキーボードの距離を離したいなら、長めのHDMIケーブルがあると良いですね。
マルチモニタ環境にする場合や、プロジェクターに接続するにもHDMIケーブルは使えるので、少し長めのものを1つ持っていると役立ちます。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 2.0m (タイプAオス – タイプAオス、イーサネット、3D、4K、オーディオリターン、PS3、PS4、Xbox360対応)

液晶モニター

スティックPCやキーボードPCなら、今ある液晶テレビを使うのが最も安価で済むのですが、新規でモニターが必要ならこの辺はいかがでしょうか?

BenQ 24インチワイド スタンダードモニター (Full HD/TNパネル/ブルーライト軽減) GL2460HM

Officeを買うなら

Officeは単品で買うと高価に感じますね。がっつりOfficeを使うなら、ここで紹介しているパソコンではなく、もう少しスペックの高いパソコンの購入をオススメします。

Office2016

ワード、エクセル、パワーポイントが使えます。

Microsoft Office Home and Business 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)

Office365(solo)

契約中のみ利用できるライセンスですが、常に最新版のOfficeを使う事ができます。ワード、エクセル、パワーポイントの他にアクセスも使えます。

【購入者特典付き(2016/03/31まで延長)】Microsoft Office 365 Solo(1年版) [オンラインコード] [ダウンロード][Win/Mac/iPad対応](PC2台/1ライセンス)【国内正規品】

個人利用だとOffice2013同梱のパソコンの方がお得かも知れません。(6万円以下で結構あります。時々5万円以下もありますが。)

Office互換ソフトがインストールされているものを間違って購入しないように気をつけましょう。ある程度ファイルの互換性はありますが、あくまで「ある程度」ですし、操作方法はまったく異なります。


Officeはどれを買えば良いのかわからない場合は、以下の記事がとてもよくまとまっているのでを参考にすると良いと思います。

まとめ

安くコンパクトで!という前提であれば、僕が身内にオススメするのはキーボードPCでしょうか。(自分が使ってみたいだけという噂も)
今あるテレビをモニターとして使えば、一番安く済みそうです。

テックウインド 省スペースPC キーボードPC ブラック WP004-BK

メモリ2GBだと使い勝手は本当にに「それなり」なので、期待はしない方が無難です。

子供が使うなら、ネットを使っているうちにマルウェアをインストールしない、パソコンの設定を変更できないように、専用に制限ユーザー(標準ユーザー)を追加して対応しましょう。

企業の業務改善を徹底サポート

経理総務の残業削減・業務効率化ならお任せ下さい!

情報技術ライダー

  • 上場企業で業務効率化に成功したExcelスキルをわずか1日で習得
  • 管理会計業務、データ入力、データ集計(CSVデータの処理)でのエクセルを徹底的に効率化
  • 貴社に出向いての研修やExcelマクロの制作も承ります!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ