WORDで「ラクスル」のデータ入稿を「楽する」には?Primo PDFでPDF変換時に画像が劣化して困ったら?

エクセルで時間を損しない仕事術

データ管理で困らないEXCEL術

誰も教えてくれないWORD技

情報技術ライダーのワード・エクセル研修



ラクスルさんでワード研修のチラシを作成してみました。
本当に激安ですね。100部の小ロットから印刷できるし、カラー光沢紙で印刷しても(時間に余裕があれば)、カラー複合機で印刷するよりはるかに安く済みますね。用紙も郵送料も込みでこの金額とは・・・。これから封筒や名刺なども全部ラクスルさんにお願いしようと思っています。



ですが、ワードで作ったチラシをラクスルさんに入稿する時に実は少し困りました。ワードに挿入した画像がPrimo PDFでPDFに変換した時に劣化してしまったのです。

決してラクスルさんが悪いのではなく、自分の見落とし、ワードのバージョン違いの罠など、いくつかの要因が重なった事が原因です。
結構対応に手間がかかったので、自分の失敗から注意すべき点を整理してみました。参考になれば幸いです。

●このエントリの内容

  1. こんなチラシを作ってみました・・・、が。
  2. 画像が劣化するってどういう事?
  3. Primo PDFで変換する時に注意する点
  4. 互換モードだと画像が劣化する事が判明
  5. あせらない事と、調子に乗らない事
  6. ワードが出来るだけでも、できる事が増える!

こんなチラシを作ってみました・・・、が。

こういったチラシを作ると見えてくる私の欠点は、デザインセンスが無いのはもちろんですが、文章が説教臭いのと、とにかく自分が言いたい事を詰め込みすぎてしまう事です。(堅苦しい感じの)ビジネス文書のレイアウトは得意なのですが・・・。

raku00

ライティングの本も何冊か読み実践してみてはいるのですが、今すぐ100点を求め(何が100点かもわかっていないのに)、悩みすぎて、全く筆が進まくて、自分を見失い、成功しているサイト文章のパクるというダークサイドに落ちた事も。大反省です。あくまで自分らしく、自分の言葉を磨くように、PDCAを繰り返し少しずつ変えて行こうと思います。

画像はMIKA☆RIKAさんのフリー素材を使っています。

画像が劣化するってどういう事?

パソコンの画面上ですと少しわかりづらいのですが、元の画像とPDFに変換後の画像を比較してみると、後者の文字が潰れ、画像もギザギザが出てしまっています。これ、印刷するとかなりひどい状態です。あえて載せていませんがMIKA☆RIKAさんも・・・。

作成環境(Windows7 Pro 64bit/Word2013/Primo PDF)

●元の画像

raku07

●PDFに変換後の画像

raku06

最初は劣化していない画像もあり、ワード上でサイズを変更したものだけ劣化するのでは?という仮説を立ててみました。確かにそれで劣化を防げる場合もありましたが、ワード上で画像のサイズを変更できないのは不便すぎる点、ワードのエクスポートからPDFを作成すると、劣化はしない点から、Primo PDFの設定に問題がありそうと、もう少し検証してみました。

Primo PDFで変換する時に注意する点

自分のパソコンにしかないフォントを利用できる、ワードのデータのまま入稿すると意図しない結果になる場合がある、データ入稿後の修正は有料になる、といった理由から、ワードでの入稿も受け付けていますが、PDFにして変換して入稿した方が良いと思っています。

そして、その作成手順に重大な見落としがありました。
ラクスルさんのPDF作成手順にしっかり書いてあったのに、完全に見落としていました。

Primo PDFでの詳しい変換手順は、Microsoft Office:PDF作成方法をご確認下さい。要点としては、(1)印刷時にPrimo PDFを選択する。(2)詳細オプションで、印刷品質とPDFにフォント埋め込む設定を行う。(3)印刷を実行しプリプレスでPDFを作成する。となります。私の場合、(2)に気を取られ、(3)を見落としていました。

(2)詳細オプションで、印刷品質とPDFにフォント埋め込む設定を行う。

raku04

(3)印刷を実行しプリプレスでPDFを作成する。

raku02

ここがカスタムで、72dpiの品質で出力していたので画像が劣化していました。印刷でも綺麗に出力できました。プリプレスよりファイルサイズも小さく済みますが、奨励となっているプリプレスで出力するようにしましょう。

でも、これだけでは解決できませんでした。



互換モードだと画像が劣化する事が判明

厳密に言うと、一旦は前述のプリプレスで出力することで画像の劣化問題は解決できたのですが、またダメになってしまいました。その理由は不明です。(Officeのアップデートのせい??)

また仮説をたてます。ラクスルさんで公開しているテンプレートを元にチラシを制作しましたが、Word2003以前の形式(doc)であったため、互換モードである事が問題なのでは?最新版の形式にしたら解決できるのでは?と。

最新版にアップグレードしてみたところ見事解決できました。

raku03

名前をつけて保存で、ファイルの種類をWord文書(docx)にして保存します。ファイル名が変わるので、旧バージョンで作った文書とは別ファイルになります。

raku08

OKをクリックし、最新のファイル形式にアップグレードします。

raku09

注記にある通り、一部レイアウトが狂います。doc形式ではテキストボックスにきっちりおさまっていた文字も、docx形式に変換したら入りきらなくなっていました。

ワードでチラシを制作する場合、テキストボックスを多用するので注意が必要ですね。

raku10

言い回しを変えて、テキストボックス内におさまるように修正したのですが、これが最後の大失敗に繋がる事になろうとは・・・。

あせらない事と、調子に乗らない事

テキストボックス内におさまるよう、『条文はワンクリックで位置揃えと書式設定が同時にできます!』と言い回しを変えたのですが、『条文はワンクリックで位置揃えと書式設定が同時にできます!』と、『が』が残ってしまいました。そしてそのまま印刷まで行ってしまいました(泣)

失敗した点を整理すると

  • 完成したと思っていたのに、画質劣化問題で急遽修正が必要になり、あせってしまった。
  • 校正していると、常に修正したくなり際限が無いので、あまり見ないようにした。(もう修正したくなかった)
  • 音読による校正もしたが、文章作成者には思い込みもあり、このような助詞チェックまでは難しい(のかも)

より良い文章になるよう推敲を重ねると、このような変な助詞が残ってしまう問題は避けられないかも知れません。

ですが、完成したと思ったのに急遽修正するような事がなければ、このような助詞ミスは減らす事はできます。何が言いたいかと言いますと、『最初から最新版のワード形式(docx)に変換しておきましょう』という事です。

実は安いからと600部も刷ってしまいました・・・。これが最大のしくじり・・・。そもそも、そんなに配る先もないのに、更に誤字があるチラシを配布できず・・・・。大失敗です。調子に乗らない事ですね。

ワードが出来るだけでも、できる事が増える!

はじめて自身でデータ入稿まで行いチラシを刷ってみましたが、初回という事もあり失敗も多かったですが、とても便利だと感じました。インターネットの本質は『中抜き』と言われますが、自分が直接印刷までを指示できるのは時短につながるしラクですね。

データ入稿時に注意する点をまとめると

  • PDFに変換したデータを入稿したほうが、入稿後の手戻りは少ない。(と思う)
  • ワード文書はテンプレートが旧バージョンのdoc形式なので、最初に最新の形式(docx)に変換しておく。
  • Primo PDFで変換する際は、品質・フォント埋め込みの設定をし、出力する時に「プリプレス」にすること。

また、ちょっとデザインが難しい場合は、プロに依頼することもできます。

まず自分でやってみる。そうすると当事者意識が生まれるので、最初は拙くてもプロが作ったデザインを参考にしたり、常にチラシのデザインを気にする事で、どんどんレベルアップしていきます。

ワードが使えるだけでも、販売チャンスに繋がる仕事が誰でもできる時代です。ワードなんてと思わず、ワードから使いこなしてみよう!という人が増えるイイナ!と思います。



企業のワード・エクセルの業務改善承ります

デキる経理部は、毎日のエクセルを効率化

情報技術ライダー

  • 上場企業で実際に事務効率化に成功したExcelスキルをわずか1日で習得
  • 管理会計業務を行う経理の方、Excelでのデータ入力、データ集計(CSVデータの処理)を行う事務の方に最適
  • 動画視聴で何度も復習可能、貴社に出向いての研修も承ります!

エクセル・ワードの効率化

社員が個々に書式を作る時間のムダ削減、営業担当者等の事務処理の効率化には、プロが作るたテンプレートがオススメです。

累計30万ダウンロードのテンプレート作者が、貴社専用に簡単便利なテンプレートを制作します。Excelマクロで資料作成等の自動化も承ります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ