第1回 親子でパソコンを共用するならアカウントを別に作るのが常識の巻 [2/2]

ユーザーアカウントの追加方法はWindowsのバージョンで微妙に変わってくるけど、ここではWindows7/8/10について説明するね。

私のパソコンはWindows8だったかしら?

Windows10だよ。自分の使っているWindowsのバージョンはしっかり覚えておこうね。

パパ

Windowsのバージョン毎の設定は、こちらのボタンをクリックして下さい!

Windows10での設定手順

Windows10ではスタートをクリックすると、設定があるのでそこから行います。

アカウント設定手順

アカウントをクリックします。

アカウント設定手順

家族とその他のユーザーから、その他のユーザーをこのPCに追加を選択します。

アカウント設定手順

「家族のメンバーを追加」にしたくなりますが、Microsoftアカウントを作る場合はコチラからになりますが、今回はローカルアカウントを作るためその他のユーザーを選択して下さい。

サインインの方法を選択します。「このユーザーのサイン情報がありません」をクリックします。

アカウント設定手順

「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

アカウント設定手順

このPC用のアカウント(ローカルアカウント)を作成します。ユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名は漢字でも大丈夫です。入力が完了したら[次へ]をクリックします。

アカウント設定手順

ローカルアカウントが追加されたことを確認します。

アカウント設定手順

これでWindows10でのローカルアカウント作成は完了です。違うバージョンの設定方法を飛ばすなら以下のボタンをクリックして下さい。

Windows8/8.1での設定手順

Windows8/8.1では、スタートを右クリックしコントロールパネル設定からアカウントを作成するのが確実です。 (チャームからだと少しわかりづらいので)

アカウント設定手順

コントロールパネルの右上の検索ボックスに「ユーザー」と入力し、標準ユーザーアカウントの作成をクリックします。

アカウント設定手順

Windows10もこの手順でアカウント作成ができます。(やりやすい方法で構いません)

「PC設定で新たしいユーザーを追加」をクリックします。

アカウント設定手順

ここからはモダンUIでの設定に切り替わります。
赤い背景にしていて、ちょっと目に痛い色かも知れませんが、3倍の速度で設定できそうな色という事でご容赦下さい。

その他のアカウントを選択し、「アカウントを追加する」をクリックします。

アカウント設定手順

サインインの方法は、画面下部の「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」をクリックします。

アカウント設定手順

お勧めしませんと記載されていますが、気にせずクリックして下さい。

ローカルアカウントをクリックして下さい。

アカウント設定手順

ユーザーの追加で、ユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名は漢字でも大丈夫です。

アカウント設定手順

お子様用という文言にチェックを入れたくなりますが不要です。チェックを入れずに完了をクリックして下さい。

初回セットアップ

これでWindows8でのローカルアカウント作成は完了です。違うバージョンの設定方法を飛ばすなら以下のボタンをクリックして下さい。

Windows7での設定手順

Windows7では、スタートをからコントロールパネルをクリックします。

アカウント設定手順

スタートにコントロールパネルがない場合は、プログラムとファイルの検索ボックス「コントロールパネル」と入力して下さい。

コントロールパネルの右上の検索ボックスに「ユーザー」と入力し、標準ユーザーアカウントの作成をクリックします。

アカウント設定手順

ユーザー名を入力し、標準ユーザーのラジオボタンを選択し、アカウントの作成をクリックします。

アカウント設定手順

標準ユーザーとしてアカウントが作成できました。続けてパスワードを設定したいので作成したアカウントをクリックします。

アカウント設定手順

パスワードの作成をクリックし、パスワードを入力して下さい。

アカウント設定手順

少なくても管理者は必ずパスワードを設定して下さい。(でないとユーザーアカウントをわけた意味がなくなってしまうので)

複数アカウントで使う場合の起動と終了方法について

新しく作成したユーザーアカウントで初めてサインイン(ログオン)すると初期設定が入るから少し時間かかるよ。(サインインとサインアウトの方法はこれから記載します)

初回セットアップ

1台のパソコンに複数ユーザーアカウントを作ると使い方も変わるのかしら?

パソコンの起動時と終了時の操作がちょっと変わるかな。

サインイン(ログオン)時に複数ユーザーが表示されます

まずパソコンの電源を入れた時に、作成しているアカウントが表示されるから、利用したいユーザーを選択してパスワードを入力して使うようになるんだ。

複数ユーザー

Windows10の場合、画面左下にユーザーが表示されます。

え、でも私のパソコンは、パスワード無しで使えるけど・・・。

それは自動サインイン(ログオン)が有効になっているからだね。解除方法を説明するよ。

自動サインイン(ログオン)無効にするには?

自動サインインを解除するには、まずWindowsキーを押しながら・・・

え?Windowsキーなんて初めて聞いたけど。

Windowsキーはこれね!キーボードの種類によってちょっと違う事もあるけど。

Windowsキー

Windowsキーを押しながら[R]キーを押して、ファイル名を指定して実行を開いて、netplwizと入力して下さい。

自動サインイン無効

「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックをONにします。

複数ユーザー

この方法だと、Windows7/8/10全て同じ手順で自動サインイン(ログオン)の設定変更ができます。

使い終わったらサインアウト(ログオフ)かシャットダウン

これはママが注意して欲しいんだけど、パソコン使うのやめる時はサインアウト(ログオフ)するか、シャットダウンして電源を切るようにして欲しいんだ。

ノートパソコンの蓋をパタンと閉じるだけじゃダメなの?電源入れて起動するの待つのイヤなのよ。

ママがサインアウトしないとランがパスワードでロックされて使えないから。ママのパスワード教えたら標準アカウントで新規作成する意味がなくなっちゃうからね。

サインアウト(ログオフ)すると、ユーザーアカウント選択の画面になるから、その状態で蓋を閉じてもらう分には良いよ!

あ、なるほど。

パスワードの設定と、サインアウト(ログオフ)という手間はかけるようにしてね。

Windows7以前だとユーザー名とパスワードを入力して、Windowsを使えるようにする事をログオン/ログアウトと言いましたが、Window8になってからサインイン/サインアウトって言い方になりました。なので冗長ですが、サインイン(ログオン)、サインアウト(ログアウト)という書き方をしています。

Windowsのバージョン毎のサインアウト(ログオフ)方法

Windows10の場合は、スタートメニューのユーザー名をクリックしてサインアウトを選択します。

Windows10 サインアウト

Windows8の場合は、スタートをクリックしてメニューのユーザー名をクリックしてサインアウトを選択します。

Windows8 サインアウト

Windows7の場合は、スタートをクリックしてシャットダウンからログオフを選択します。

Windows7 ログオフ

私にはWindows10しか関係ないけど、バージョンによって違うものなのね・・・。

全バージョンで共通の方法もあるよ。[CTRL] + [ALT] + [DELETE]を押して、サインアウト(ログオフ)を選択する。ボクはこの方法を使うけどね。

同時に3つ押すの?面倒で覚えられないわ。

いやいや、料理とかバレーとかもっと複雑なことあるでしょ。覚える気がないだけだよ。

サインアウト(ログオフ)やシャットダウンの方法は、Windowsのバージョンによって変わります。特にWindows8を初めて使う方は、どこをクリックすればシャットダウンできるか戸惑ってしまいます。
若干マニアックな方法ですが、[CTRL] + [ALT] + [DELETE]を押して、サインアウトやシャットダウンする方法を覚えれば、どのバージョンのWindowsにも対応できるのでオススメです。

まとめ

これからランがパソコン使う時は、lanのユーサー名を選択して、パスワードを入力すれば使えるようになる訳ね。

そうだね。起動時すると登録してあるユーザーが表示されるから

サインイン(ログオン)

ユーザー名をクリックして、パスワードを入力する。

サインイン(ログオン)

そして終了する時は、CTRL + ALT + DELETEを押して、サインアウト(ログオフ)を選択する。

サインアウト(ログオフ)

こんな風にユーザーを切り換えて使うようになるよ。

で、ゲームとか変なソフトウェアは勝手にインストールできないし、ネットショップで買い物もできないし、FacebookやTwitterも使えないって事でいいのかしら?

変かどうかはわからないけど、ソフトウェアは勝手にインストールできないってところまではOKだけど、標準アカウントを作っただけじゃネットショップやSNSの制限までは出来ないんだよ。

えーーー、それは話が違わない??

違わないよ。もちろんママが使っているアカウントとは別だから、ちゃんとサインアウトしていれば、ママのアカウントで買い物したり、Facebookでママの友達に向けて変な投稿したりはできないよ。だけど、新規アカウントは作れるので、そこまで制限はできないって意味。

じゃあ、それはどうすの?あとアダルトサイトとか見られないように制限もできないの?

それはウイルス対策ソフトで簡単に設定できるんだ。 ウイルス対策ソフトで子供向け制限を行うためにも、親子でアカウントは別に作った方がいいんだよ。

第1回の内容をまとめるとこんな感じかな。次回のウイルス対策ソフトの設定と合わせて、子供が安全にパソコンをつかうための設定は完成しますよ。

  • パソコンを子供と共用する時は、ローカルアカウントで子供用ユーザーアカウントを作る。
  • サインイン(ログオン)とサインアウト(ログオフ)でユーザーの切り替えできる。
  • 標準ユーザーの権限でローカルアカウントでは、パソコンの重要な設定を変更できない、ゲームや得体の知れないソフトウェアのインストールができない。
  • 親がネットショッピングやSNSのパスワードを記憶しても、子供が誤って使う事ができないので安心。(ただし利用後はしっかりサインアウトすること)
  • ウェブサイトの閲覧制限や利用時間の制限は、ユーザーアカウントを作るだけでは制限できない。(ウイルス対策ソフトを設定する事で制限できる)

もう設定、設定、また設定ね。
こんなの初心者がまっさらな状態から出来るわけないと思うわ。

パソコン設定の次回は・・・

こんな事もできたの?個人向けウイルス対策ソフトで利用制限!

個人向けのウイルス対策ソフトには、子供の利用を制限(保護)する機能もあるんです。しかもざっくりとした簡単な設定方法を解説します。せっかくの機能使わなきゃ損ですよ!

第2回 親ならやって当たり前!小中学生の子供が安全にパソコンを使うために行うべきセキュリティソフトの設定の巻

ページの先頭へ