第2回 親ならやって当たり前!小中学生の子供が安全にパソコンを使うために行うべきセキュリティソフトの設定の巻 [2/3]

じゃあカスペルスキーのインターネットセキュリティでの利用制限がどうなるか見てみようか。

そうね。ウイルスバスターはちょっとレポートが物足りなかったし。

じゃあ先見せしておこう。パソコンの利用時間ね。カスペルスキーだとレポートが見やすいよ。

カスペルスキー設定

月間の集計ね。そうそう、こういうのが見たかったのよ。

カスペルスキー設定

まあ見るとしても最初のうちだけだと思うけどね。

じゃあ設定について教えてもらえる?

なんかやる気になってる?

カスペルスキーでの設定(保護者による管理)

デスクトップにカスペルスキーのアイコンがあればダブルクリックすれば良いけど、無ければタスクトレイからカスペルスキーのアイコンをクリックしると起動するよ。

カスペルスキー設定

保護者による管理をクリック

カスペルスキー設定

やっぱりパスワード保護が必要なのね。

カスペルスキー設定

実はカスペルスキーでは、パスワードをスキップできてしまうだよ。

あらホントだ。スキップをクリックしちゃって良い?

制限が解除されても良ければ。

うーーーーん。設定しておくか。
あれ?パスワードの適用先はどうすれば良いの?

カスペルスキー設定

これはデフォルトのまま全部チェックONにしておこう。

さっき設定したパスワードを入力してと。

カスペルスキー設定

保護者による管理画面になったわ。Windowsのユーザーアカウント毎に、有効にするしないが選択できて、レポートも見られるのね・・・。

カスペルスキー設定

ランのユーザーアカウントを有効にして、 制限の設定をクリックする、と。
パパ。ウイルスバスターでも設定したからかな?何となくだけど教えてもらわなくても分かるようになったわ。

そうなんだよ。設定は場数が大切。1度でも経験していると全然違うんだよ。その調子でコンピュータの制限を行ってみよう。

コンピュータをクリックしてと。あれ、カスペルスキーはコンピュータの利用制限になっているわ。ウイルスバスターだと時間毎に設定できるのはインターネットの利用だけだったけど。

カスペルスキー設定

チャート表示にすると細かく設定できるのね。

カスペルスキーでコンピュータの利用制限時間外に使おうとすると、こんな感じで強制的にサインアウト(ログオフ)されるようになるんだ。

カスペルスキー設定

へーーー。本当にパソコンが使えなくなるんだ。

あとは制限するアプリケーションも選びやすくなっているね。リストが表示されるまで時間がかかるけど。

カスペルスキー設定

逆にインターネットの利用時間は1日あたりのトータル時間の設定になるのね。この辺はウイルスバスターと逆なのね。
うーーーん。どっちが良いかなぁ???

カスペルスキー設定

アクセス制限するウェブサイトどこで設定するのかしら?

Webサイトのカテゴリの選択をクリックすれば良さそうだね。

チェック入れる項目も少なくシンプルね。あれ?でも!!

カスペルスキー設定

どうしたの??

ほら一番下。求人サイトってなんで制限されるのかしらね?

ホントだ。初期値でチェック入っているね。ちょっと謎だね。

アクセス制限したウェブサイトにアクセスしようとすると、こんなメッセージが表示されるよ。

カスペルスキー設定

Webサイトでインターネットコミュニケーションを制限しておけば、SNSのメッセージはあんまり気にする事ないわよね。

カスペルスキー設定

ここは掲示板に書き込みするときの制限だね。住所とかの個人情報や、特定のキーワードが制限できるみたいだね。

カスペルスキー設定

まあ、とりあえずここまでは良いかな。

ママ

先にウイルスバスターの設定をみたからかな。設定がわかりやすいわね。利用状況のレポートも満足だわ。

ここで紹介している画面は、カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティのものになります。バージョンによっては画面や機能が異なる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

保護者機能を有効にしたらグーグルで検索できなくなってしまったら

カスペルスキーをインストールしたら(あるいは保護者機能を有効にしたら)グーグルでの検索ができなくなってしまう場合があるようです。その場合、以下の手順で設定を変更してみて下さい。

ボクは古いバージョンを使っている時に実際に直面した障害ですが、最新版では発生しませんでした。有効期間内なら無料でバージョンアップができるので、最新版にしてみて下さい。

カスペルスキー 2016で証明書をインストール

まずは証明書のインストールを試してみて下さい。
画面左下の設定から行います。

カスペルスキー設定

詳細からネットワークをクリックします。

カスペルスキー設定

暗号化された接続のスキャンの詳細設定をクリックします。

カスペルスキー設定

証明書のインストールを行います。

カスペルスキー設定

次へをクリックするとインストールが完了します。

カスペルスキー設定

証明書のインストールが完了したら、もう一度グーグルで検索できないか試してみて下さい。

暗号化された接続をスキャンしない設定に(非奨励)

証明書をインストールしてもできない。バージョンアップしてもできない場合は、ひとまず暗号化された接続をスキャンしない設定にして試して下さい。
画面左下の設定から行います。

カスペルスキー設定

詳細からネットワークをクリックします。

カスペルスキー設定

「暗号化された接続をスキャンしない」のラジオボタンを選択します。

カスペルスキー設定

次のページは

パパ

ウイルス対策ソフトの設定が終わったら、きちんと動作するか検証してみましょう。
もし設定後に、パソコンがおかしくってしまってどうして良いのかわからない。そんな事にならないようどんな対応をすれば良いのかお話しします。

スポンサードリンク

メーカーサイトに30日間無料体験版があるので、試してみてからの購入をオススメします。

ページの先頭へ