第2回 親ならやって当たり前!小中学生の子供が安全にパソコンを使うために行うべきセキュリティソフトの設定の巻 [1/3]

もうじき中学生になる長男ランのために、自分のパソコンを子供と共用する設定を行うことになったママ。体育会系のパソコン超苦手ママに、設定を教える事に難色を示しつつも、何とかユーザーアカウントの設定まで教えきったパパ。今回はウイルス対策ソフトを使って利用制限を行う事になるが・・・。

この記事の目次

パソコンに子供用のユーザーアカウントを作ったら、そのアカウントをウイルス対策ソフトを使って利用制限をかける。これでかなり安全に使えるようになるよ。

うーん。なんかそこでウイルス対策ソフトが出てくるのがピンと来ないよのね。

ウイルス対策ソフトといった方が人に伝わるからそう呼んでいるけど、インターネットでのセキュリティ全般の対策をしてくれるソフトウェアなんだよ。

あと、Windowsにもファミリーセーフティって言う家族向け機能があるんだけどね。それを使わずウイルス対策ソフトの機能を使うには理由があるんだ。

ボクがウイルス対策ソフトで利用制限を勧める理由

そうだ。アカウント作る時に、Microsoftアカウントは作るの面倒とか言ってたわね。

そうそう。ウイルス対策ソフトで制限した方が手順が少なく済むから楽なんだよ。
それが唯一無二の理由。

要するに手が抜けるってこと??

いやいやいや。Microsoftアカウントは子供用にメールアドレスとったり個人情報入力したりしなきゃだから。設定、設定ってイヤでしょ?

確かに設定はイヤよ。
でも、Microsoftアカウントってのを取らないと、使えないサービスもあるんでしょ?もったい無いような気がするけど・・・?

もちろん今すぐ使いたいサービスがあるなら別だよ。
でもね、今使う予定はないけどできたら良いな?を追い求めすぎると、結局何がやりたかったのか分からなくなるんだ。

パソコンでゲームはさせたくないけど、ゲームが使えないなんて勿体無い。
ゲームはさせたくないのに、使えるように設定しようとしたら、難しくてイヤになった。矛盾しているでしょ。

そうね。私とランが同じパソコンを安全に使えるようになれば良いんだから、気にしないようにするわ。

パパ

ローカルアカウントを作成して、ウイルス対策ソフトで制限する方法が、もっとも近道で楽だと考えオススメしています。

今回はMicrosoftアカウントに対応していないWindows7での設定も考慮して、ウイルス対策ソフトによる子供の利用制限について説明します。既に導入済みであれば余計な費用もかからないのでオススメです。

ユーザーアカウント単位で利用制限できると楽

今更なんだけど、ユーザーアカウントって作らなきゃホントにダメだったの?
もっと、ちゃちゃっと出来ないものなのかしら。

いやいやいや。ユーザーアカウントを作る事が重要なんだよ。

この人は制限無しで使える。この人はインターネットだけ制限する。という感じで、ユーザーアカウントによって制限する・しないを一瞬で切り換えられるんだから。

アカウント切り換えイメージ

うーーん。そうなのかなぁ。いっそ新しいパソコン買ったほうが楽なのかしら?

きちんと利用制限を設定する、新しいパソコンだって設定することはあまり変わらないよ。あとは利用制限をあきらめて放置するかだね。

それはできない。不安だわ。

確かに設定は面倒だけど1回こっきり。
1回設定しておけば、コンピュータが「まだ見てほしく無いウェブサイトの閲覧や、SNSとか某掲示板とか使ってほしくサービスの制限をやってくれるんだ。
要するにこれから楽して子供を守るために設定するんだよ。

とりあえず手を動かして設定してみない?案ずるより産むが易し。「やってみると意外とカンタンだった」みたいになるかもよ。

ママ

そうね。努力と根性で頑張るわ!!
それにウイルス対策ソフトも、せっかくお金を出して買っているのだから、きちんと使いこなさないと勿体ないしね。

ウイルスバスターでの設定(保護者による利用制限)

ウチには、ウイルスバスターとカスペルスキーの2つウイルス対策ソフトがあるから、どっちでもできるけど、いまママのパソコンに入っているウイルスバスターの設定からやってみよう。

え、2つもやるの?

ソフトウェアによってできる事が違うからね。ママがわかりやすくニーズにあった方を使おう。
ウイルスバスターで良ければそのまま使えるから。

今すぐカスペルスキーの設定を知りたい場合は、以下のボタンをクリック!

まず、デスクトップにウイルスバスターのアイコンがあればダブルクリックすれば良いけど、無ければタスクトレイからウイルスバスターのアイコンをクリックして、メイン画面を起動しよう。

ウイルスバスター設定

そしたらメイン画面の「家族を守る」をクリックしよう。

ウイルスバスター設定

保護者による利用制限の画面になったら、設定をクリックする。

ウイルスバスター設定

ここは、そのままOKするだけね。あ、1回くらいは読まなきゃいけないわね。

ウイルスバスター設定

あら?パスワードを有効にするかどうかの画面が出てきたわ?

ウイルスバスター設定

折角制限しても、その制限を勝手に解除されないように、パスワードでの保護が必須になるんだ。

パスワードを有効にしてと・・・。パスワードを設定してと。

ウイルスバスター設定

家族でしか使わないから、あんまり難しくする必要はないけど、あんまりカンタンなのはダメだよ。

まず、保護者による制限を有効にしよう。次はどのアカウントを制限するか選択したいので、アカウントの管理をクリックする。

ウイルスバスター設定

「ユーザーごとに設定」のラジオボタンをクリックして、制限するユーザー、この場合ランのユーザーアカウントだね、をクリックして完了。Windowsのユーザー名でわかりづらかったら、ニックネームでわかりやすい名前を入れられるから。

ウイルスバスター設定

なるほど。だからWindowsでユーザーアカウントを作るのね。言葉だけ聞いていると難しく感じるけど、やてみるとシンプルね。

覚えられそうにないけど

設定なんてボクだって全て覚えている訳じゃないよ。最近は結構わすれちゃうしね。そういう時はグーグル先生に聞くよ。
ウイルスバスターの設定画面はシンプルだから、メイン画面が起動できれば何とかなるよ。

そんなもんなの?

そんなもんだよ。じゃあ、制限する内容をみていこうか。

URLフィルタとインターネット/コンピュータ使用時間の両方をオンにしておこう。

ウイルスバスター設定

「URLフィルタ」が、まだ見てほしくないようなウェブサイトのアクセスを制限できる機能だね。

もう一つは時間制限ね。最後のソフトウェアの使用制限はしなくていいの?

1台のパソコンを共用すると、基本的にインストールしたソフトウェアはどのアカウントでも使えるから、例えばママがゲームソフトを買ってインストールしたけど、それはランに使わせたくないような事があれば使うかな。

とりあえず、そんな事はないわ。

じゃあ、URLフィルタの文字をクリックして設定を見ていこう。

ウイルスバスター設定

URLフィルタは制限した方が良いかな?と思う項目にチェックを入れるだけで完了。チェックできる項目はまだ下にあるからね。

どれをチェックすれば良いのかわかならない・・・。みんなチェックを入れたくなっちゃうわ。

どうしても最初は思った通りの設定にはならないから、やってみて不便だったらチェックを外す運用で良いと思うよ。会社のパソコン管理なんかもトライ&エラーの繰り返しだよ。

へー大変なのね。会社でも1台1台こんなことやっているの?

いやこれは個人向けのソフトウェアだから。企業で何百台も管理する時は、ちゃんと運用管理のシステムがあるんだよ。

続けて使用時間の制限もしちゃおう。タブをクリックするだけで設定できるから。

ウイルスバスター設定

時間別に使用を制限できるのは、インターネットの閲覧だけだね。ネット利用を禁止したい時間だけクリックして赤くしていく。

ウイルスバスター設定

パソコン自体の利用時間はトータルで何時間という制限だけだね。

この時間になったらパソコン起動しないとかじゃないんだ。

ネットの制限ができて、ユーチューブが見れなければ、そんな気にすることは無いんじゃないかな。たぶん。

インターネット利用時間外に使おうとしたり、URLフィルタにチェックを入れた項目に該当するウェブサイトにアクセスしようとすると、こんな風にメッセージが表示されるから。

ウイルスバスター設定

使用状況ってまとめて見ることはできるの?

レポートは見ることはできるよ。

ウイルスバスター設定

過去30日間のサマリーが表示されるね。

ウイルスバスター設定

うーん。なんだかわからないわ。

URLフィルタで制限して、ブロックされたものの集計だけだね。詳細を表示してみようか?

ウイルスバスター設定

うーーーん。ますますわからないわ。
この日は何時間使ったとかそういうのはわからないのね。

それは必要な管理なのかな・・・。制限しているから良いんじゃなのかな?

え、何か言った??

いえ、何も・・・。

ママ

もう少し色々レポートが見れたらと思うけど、メイン画面を起動できれば、設定はわかりやすいわね。フムフム。

ここで紹介している画面はウイルスバスタークラウド10のものになります。バージョンによっては画面や機能が異なる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

次のページは

パパ

次のページは、カスペルスキーというウイルス対策ソフトでの制限方法になります。今ウイルスバスターを使っているからイイヤという方は飛ばして下さいね。

スポンサードリンク

メーカーサイトでは無料体験として30日間利用できます。ウイルス対策ソフトのことだけでなく、パソコンの基本的なことも質問できる初心者向けサービスとセットになったものもあります。

ページの先頭へ