「どうしたらワードが便利に?(基礎編)」の記事一覧

エクセルで時間を損しない仕事術

データ管理で困らないEXCEL術

誰も教えてくれないWORD技

情報技術ライダーのワード・エクセル研修

【ワード超基礎4】ワードの行間調整で困らないために知るべき3つの設定

マニュアルなど長文の文書作成する時、デザインにこだわりたい時、どんな設定にすると簡単便利になるか、ワードで悩む行間設定についてまとめました。最小値、固定値、1行の3つを使い分ける事が秘訣です。

【ワード超基礎3】不要な自動入力機能を解除して文章の入力を楽しよう(オートコレクト)

Wordのオートコレクトや入力オートフォーマット機能は、文字(文章)入力を支援する機能になりますが、入力した文字が段落番号に変換されたり、アルファベットの大文字と小文字が勝手に変わったりと、意図しない結果になる事も多く、ワードが使いづらい原因の一つでもあります。今回はそんなオートコレクトや入力オートフォーマット機能に設定解除ついての解説になります。

【ワード超基礎2】段落設定とスタイルを使って超合理的に文字の配置を行うには

文章を直すたびにスペースを足したり、消したり。もうそんなことに人生の数パーセントを費やさないで下さい!
今回は、インデントとぶら下げインデントを使い、スペースで文字の位置揃えをしなくて済むようになる基礎になります。また行間を任意に設定するための基礎も解説します。文字の配置が自由にできればワードはとても簡単便利になりますよ!

【ワード超基礎1】標準のスタイルと段落を知らないとワードは超不便なんです

まず言いたかったのは、何でもかんでもエクセルでやるのは間違っていますよという点です。ワードがあまりに言うことを聞いてくれないという理由で、エクセルのセルを方眼紙状にして印刷用の文書を作る方もいますが、あまりオススメできません。ワードもちゃんと正しい使い方をすれば非常に便利なんです。

どうやったらワードが便利になるのか?最短距離で仕事で活きるワード技を基礎からお教えします。

実はとても簡単ですよ。

情報技術ライダー Wordテキスト販売

企業のワード・エクセルの業務改善承ります

デキる経理部は、毎日のエクセルを効率化

情報技術ライダー

  • 上場企業で実際に事務効率化に成功したExcelスキルをわずか1日で習得
  • 管理会計業務を行う経理の方、Excelでのデータ入力、データ集計(CSVデータの処理)を行う事務の方に最適
  • 動画視聴で何度も復習可能、貴社に出向いての研修も承ります!

エクセル・ワードの効率化

社員が個々に書式を作る時間のムダ削減、営業担当者等の事務処理の効率化には、プロが作るたテンプレートがオススメです。

累計30万ダウンロードのテンプレート作者が、貴社専用に簡単便利なテンプレートを制作します。Excelマクロで資料作成等の自動化も承ります。

このページの先頭へ