「トラブル対応」タグの記事一覧

エクセルで時間を損しない仕事術

データ管理で困らないEXCEL術

誰も教えてくれないWORD技

情報技術ライダーのワード・エクセル研修

愛用のオレンジVAIO君がお亡くなりになった話

2011年に購入して愛用していたVAIO Cシリーズの派手派手オレンジが壊れました。どうやらマザーボードの故障っぽく修理は断念しました。テンキー付きのラップトップってありえない、そんなこだわりがあり14型のワイドにしました。BTOで名前も入れた、かなりお気に入りの1台でしたが・・・。

エクセルの印刷設定で時間をムダにしないために知っておくべき6つの事

編集画面通りに印刷されない。余白調整がうまくいかない。折角キッチリ1枚で印刷するように作ったのに、違うプリンタやPDFに出力したら右端が切れて2枚印刷されてしまった。
そんなエクセルで印刷設定に費やす無意味な手間と時間と経費は結構多いものです。
今回はできるだけ印刷設定に手間をかけず、ミスを未然に防ぐような設定方法を説明します。完全に印刷時のミスやトラブルを無くす事は難しいですが、できるだけ無くしたいものですね。

12月10日のWindowsアップデート適用後に、Excel2007/2010/2013でActiveX コントロールが使えなくなる事態が発生しているようです

またまたWindowsアップデート後のトラブルのようです。
人によって発生したりしなかったり、また復旧方法も異なるようですね。どんと来いCSV for ExcelもActiveX コントロール(コマンドボタン)を使用しているので、対応方法を記載しておきます。

COUNTA関数で一見空白なのにカウントされてしまう。長さ0の文字列の罠!

人にエクセルを教える時に、数式中の""は空白だと説明しています。
実際には長さ0の文字列というのが正確なのですが、厳密な説明をしても???となっていまうだけなので、あえて空白だと言っていますが、COUNTA関数を使う時、この違いを正確に理解していないと、ドツボにはまってしまう事があるので注意して下さい。

vlookup関数で陥る文字列と数値の違いのワナ

折角、関数は正しく理解できているのに、ちょっとしたミスでドツボにハマる。そんな事がないように・・・。
今回はVLOOKUP関数で陥る事がある、文字列と数値の違いによるエラーについてです。

情報技術ライダー Wordテキスト販売

企業の業務改善を徹底サポート

経理総務の残業削減・業務効率化ならお任せ下さい!

情報技術ライダー

  • 上場企業で業務効率化に成功したExcelスキルをわずか1日で習得
  • 管理会計業務、データ入力、データ集計(CSVデータの処理)でのエクセルを徹底的に効率化
  • 貴社に出向いての研修やExcelマクロの制作も承ります!

このページの先頭へ