コマンドメニューについて

用意されたコマンドにてCSVファイルを開く事ができます。レイアウトの範囲を指定して一括してCSVファイルを開く事ができるなど、通常のメインメニューとは違った操作が可能です。

コマンドメニューの起動

ショートカットキーによる起動

Ctrl+Mを押すとコマンドメニューが起動します。

ただし、Excelを終了する際ショートカットの割り当てを解除しているので、終了しようとしたけどキャンセルしたような場合、ショートカットキーが使えなくなる事があります。

どんと来いCSVを起動した時に起動する

以下の手順で、共通設定の起動時の処理を「コマンドメニュー」を実行するように指定してください。

  1. 共通設定を起動します。
  2. 起動時の処理より「コマンドメニュー」を選択します。
  3. [設定]ボタンをクリックします。
  4. 次回起動時よりコマンドメニューが表示されるようになります。

コマンドについて

コマンドの基本

レイアウトNoの範囲とオプションを入力します。全角半角・大文字小文字は問いません。
 始めにレイアウトNoを入力して下さい。範囲指定するときは 09 のように続けて指定します。(大小関係は問いません。90でも09でも同じです。)オプションはレイアウトNo以降であれば順序は問いません。

コマンドの内容

コマンド 説明
0~9 レイアウトNo
.(ピリオド) CSVファイルを開いた後、どんと来いCSVを終了します。
f 開くCSVファイルを選択する。
a レイアウトに関係なく全ての列を書式文字にして開きます。(既存ブックに取り込む設定でも、新規ブックとして開きます)

コマンドの例

コマンド 説明
0. No.0のCSVファイルを開き、どんと来いCSVを終了します。
09. No.0~9までのCSVファイルを開き、どんと来いCSVを終了します。

どんと来いCSV for Excelに関するコンテンツ

企業のワード・エクセルの業務改善承ります

デキる経理部は、毎日のエクセルを効率化

情報技術ライダー

  • 上場企業で実際に事務効率化に成功したExcelスキルをわずか1日で習得
  • 管理会計業務を行う経理の方、Excelでのデータ入力、データ集計(CSVデータの処理)を行う事務の方に最適
  • 動画視聴で何度も復習可能、貴社に出向いての研修も承ります!

エクセル・ワードの効率化

社員が個々に書式を作る時間のムダ削減、営業担当者等の事務処理の効率化には、プロが作るたテンプレートがオススメです。

累計30万ダウンロードのテンプレート作者が、貴社専用に簡単便利なテンプレートを制作します。Excelマクロで資料作成等の自動化も承ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ