CSVファイルを開くまでの流れ

どんと来いCSVは、予め作成したレイアウトに沿ってCSVファイルを開く仕組みになっています。

  1. 簡単設定を実行しレイアウトの基本部分を作成する。
  2. 書式設定など詳細設定を行いレイアウトを完成させる
  3. メインメニューからCSVファイルを開く

というのが、基本的な流れで、まず行う事がCSVファイルを開くためのレイアウト作成になります。ただ開くだけでも、レイアウト作成が必要になり、面倒に感じるかもしれませんが、繰り返し利用するような場合になるようなツールになっています。

1.簡単設定を実行します。

簡単設定は、CSVファイルを開く設定の基本部分を対話形式で作成できる事ができます。

2.レイアウトの詳細設定を行います。

「項目別設定部」で書式の変更を行います。また、必要に応じて「個別設定」からCSVファイルを開くための設定変更や開いた後の動作設定変更などを行います。

3.既存ブックへの取り込み設定を行います。

どんと来いCSVでは、ページ設定や計算式の組み込んブックにCSVファイルを取り込む事が可能です。レイアウト作成後、再度「簡単設定」を実行すると、指定したExcelブックの指定した位置に貼り付ける設定を作成する事ができます。

必要に応じて実行してください。

4.メインメニューからCSVファイルを開きます。

「メインメニュー」から登録されたレイアウトに沿ってCSVファイルを開く事ができます。


どんと来いCSV for Excelに関するコンテンツ

企業のワード・エクセルの業務改善承ります

デキる経理部は、毎日のエクセルを効率化

情報技術ライダー

  • 上場企業で実際に事務効率化に成功したExcelスキルをわずか1日で習得
  • 管理会計業務を行う経理の方、Excelでのデータ入力、データ集計(CSVデータの処理)を行う事務の方に最適
  • 動画視聴で何度も復習可能、貴社に出向いての研修も承ります!

エクセル・ワードの効率化

社員が個々に書式を作る時間のムダ削減、営業担当者等の事務処理の効率化には、プロが作るたテンプレートがオススメです。

累計30万ダウンロードのテンプレート作者が、貴社専用に簡単便利なテンプレートを制作します。Excelマクロで資料作成等の自動化も承ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ